支部紹介、支部活動


TOP>支部活動、支部紹介

支部活動


※ 支部主催活動の他、共催・後援、行政書士会活動など関係諸活動も紹介します。

2017年




【支部研修会】
 2月1日(木)13:30〜17:00 じばさん三重 5階大研修室において平成29年度第2回支部主催業務研修会を開催しました。
内容:「弁護士から見た最近の離婚の動向と問題点」
講師:みなと総合法律事務所 弁護士 森田明美先生
参加者:22名(四日市支部13名、桑名支部6名、鈴鹿支部1名、津支部1名、伊賀支部1名)

実務経験に基づいた離婚をめぐる貴重な内容であり、行政書士としての離婚事案への取組みとしてたいへん参考になる講義でした。

研修会終了後は、「ふじまさ」にて恒例の懇親会を行いました。こちらの参加者は約10名。
【北勢4支部親睦旅行】
 平成29年10月28日〜29日、1泊2日の日程で、恒例の北勢4支部(桑名、亀山、鈴鹿、四日市各支部)の親睦旅行に行ってきました。
・ 今年の親睦旅行は、「越中富山の名湯・ 宇奈月温泉と 錦秋の黒部峡谷を訪ねて」銘打ち、富山方面です。
・ 参加者は4支部総勢で26名。丁度、台風22号が接近する中、天候が非常に心配でしたが、ところどころ雨に降られましたが、幸い大きな影響はなく、無事旅程を終えることができました。
・ 宿は、延對寺荘という明治33年創業という老舗旅館です。今年は昨年とは打って変わり、移動時間が長く、立ち寄る場所での時間が短かったというのが特徴です。1日目はYKKセンターパーク見学、2日目は宇奈月温泉発欅平までのトロッコ列車がメインでした。トロッコ列車から見る風景は、あいにくの雨により鮮やかな紅葉というより、まるで水墨画を見るような感じでした。
・ 事故・トラブル、渋滞もなく無事日程を終えることできました。準備の中心となった支部役員、且O重ジャーナル観光社さん、名鉄観光の運転手さんとガイドさん、本当にありがとうございました。
第1回 2017年10月1日(日)イオン四日市尾平店


第2回 2017年10月15日(土)ララスクエア(アピタ四日市店)にて


「行政(ユキマサ)君」


第3回 2017年10月21日(土)日永カヨー店にて
【秋の無料相談会開催】
 毎年10月は行政書士制度広報月間です。四日市支部では、市町役場や建設事務所、警察署、公証人役場、商工会議所等関係機関への広報活動と市内会場での全3回の無料相談会を行いました。

第1回 2017年10月1日(日)10:00〜16:00 イオン四日市尾平店 1階エスカレーター横
相談員数 支部会員8名
相談件数 合計29件

第2回 2017年10月15日(土)10:00〜16:00 ララスクエア(アピタ四日市店)1階東入口「にぎりの徳兵衛」前
相談員数 支部会員8名
相談件数 合計21件
この回では、日本行政書士会連合会マスコットキャラクターの「行政(ユキマサ)君」も応援に駆けつけてくれました。

第3回 2017年10月21日(土)10:00〜16:00 日永カヨー店1階中央広場
相談員数 支部会員8名
相談件数 合計20件


以上、3会場での合計相談件数は70件と目標どおりの相談件数となりました。相談内容としては、相続・遺言がやはり多く、その他不動産関係や離婚問題、成年後見など多様な相談が寄せられました。

相談会を知ったのはほとんどが市の広報がほとんどでしたが、その他新聞広告や店舗チラシなどで知ったという方もいました。

第1部の模様


第2部の模様
【支部研修会】
 8月3日(木)13:30〜17:00 四日市商工会議所 3階中会議室ホールにおいて平成29年度第1回支部主催業務研修会を開催しました。
内容:「産業廃棄物収集運搬業の基礎と実務」
    第1部 「廃棄物の適正な処理について」
    第2部 「産業廃棄物収集運搬業の許可申請の手引き」
講師:三重県四日市地域防災総合事務所 環境室 廃棄物対策課
    第1部 藤田修造氏
    第2部 長谷川氏(主幹)
参加者:31名(他支部参加者も含む)

研修会終了後は、「よいち」にて恒例の懇親会を行いました。こちらの参加者は約18名。





【定時総会及び定期大会】
 4月22日(土)16:00〜17:45 平成29年度三重県行政書士会四日市支部定時総会及び日本行政書士政治連盟三重会四日市分会定期大会をプラトンホテル四日市3階にて開催しました。概要は以下のとおりです。
 ご祝辞:四日市市新市長森智弘様
 ご来賓:他士業段階より土地家屋屋調査士会四日市支部支部長佐治様
      同業士業団体より、桑名支部長石田様、鈴鹿支部長樋口様、亀山支部長西川様
 特別アピール:安田治三桑名支部前支部長、若林三知三重会副会長より役員改選についてのアピール
 議長:渡邊裕二会員

 出席状況:支部定時総会は支部会員142名中116名の出席(当日37名、委任状数79名)、定期大会は分会会員数118名中102名の出席(当日36名、委任状数66名)で各々成立しました。
 支部及び分会の平成28年度の事業活動総括及び収支決算と平成29年度の事業活動計画及び予算について審議を行った後、今回は役員改正時期のため新役員選任を行いました。以上賛成多数により可決承認されました。
 15分の休憩の後、同ホテル隣室にて懇親会が行われました。冒頭、三重県議会議員山内道明様、鈴鹿支部長樋口様、亀山支部長西川様のご挨拶をいただいた後、桑名支部支部長石田様に乾杯の音頭をとっていただきました。懇談の途中新役員の紹介が行われ、最後は三重県行政書士会副会長で当支部所属会員である若林三知様より締めをしていただき、約2時間を超える懇親会も盛会のうち終えることができました。

新役員体制は以下のとおりです。
[三重県行政書士会四日市支部]
支部長:山本成樹、副支部長:三沢 圭、小林徹也、支部会計:天春千賀子、会計監事:水谷勉・ 江川直宏
執行委員:岡嵜佳男、橋本俊雄、平田 一、水谷智子、河村 厚

[日本行政書士政治連盟三重会四日市分会]
分会長:山本成樹、副分会長:三沢 圭、小林徹也、分会会計:天春千賀子、会計監事:水谷勉、江川直宏
執行委員:岡嵜佳男、橋本俊雄、平田 一、水谷智子、河村 厚


【行政書士記念日活動】
 2月22日は行政書士記念日です。昭和26年2月22日に行政書士法が成立したことに因んでいます。
@ 四日市支部では、行政書士記念日活動として2月25日(土) 近鉄四日市駅北口ふれあいモールにおいて第1回日目のティッシュ配布を行いました。これまではクリアファイルと行政書士会チラシ(支部会員名簿付き)も配布していましたが、少しかさばるためなかなか受け取ってもらえないため、今回はティッシュのみの配布となりました。
 参加者は、山本成樹、三沢圭、水谷智子、橋本俊雄の各支部役員(敬称略)の合計4名。今年は例年の10時開始ではく11時に繰り下げて行いました。近鉄百貨店の買い物客の方々に「行政書士会です。こんにちは!」と元気に声を掛けながら、用意したティッシュ約500個を配りました。途中「行政書士さんて相続手続きができるのですか?」「離婚手続きもできるのですか?」などの質問を受けた会員もいました。もっともっと知っていただくことが必要ですね。
 
A 行政書士記念日活動のグッズ配布第2回目を、3月4日(土)、11時より行いました。場所は第1回目と同じく近鉄四日市駅北口ふれあいモール。参加者は、山本成樹、河村 厚、天春千賀子、大日方昌之(敬称略)の4名。ティッシュ約500個を配りました。



【支部研修会】
 2月10日(金)13:30〜17:30 四日市商工会議所 3階中会議室ホールにおいて平成28年度第2回支部主催業務研修会を開催しました。
内容:「提案しよう!経営事項審査の評点アップ対策」
講師:行政書士 社会保険労務士 岡嵜佳男氏(三重県行政書士会四日市支部支部長) 
    行政書士 門脇里佳氏(三重県行政書士会四日市支部会員)
参加者:約30名

研修会終了後は、恒例の懇親会を行いました。こちらの参加者は約20名。
2016年


【北勢4支部親睦旅行】
 平成28年10月22日〜23日、1泊2日の日程で、恒例の北勢4支部(桑名、亀山、鈴鹿、四日市各支部)の親睦旅行に行ってきました。
 今年の親睦旅行は「三名泉・有馬温泉と宝塚歌劇、神戸を訪ねて」と銘打ち、兵庫有馬温泉と神戸、宝塚歌劇(オプション)へ。
参加者は4支部総勢で25名(四日市支部15名、桑名支部1名、鈴鹿支部5名、亀山支部1名、宿で会員家族3名と合流)。天候は両日と曇天模様でしたが、雨も僅かに降るだけでなんとか持ちこたえました。
 宿は有名な有馬温泉兵衛向陽閣。今年は移動距離が短かったこともあり、温泉や散策など比較的ゆったりとしたスケジュールとなりました。2日目は、神戸散策と宝塚歌劇観劇コースに分かれ、それぞれの日程を堪能しました。特に宝塚観劇に参加した方は、初めての経験でもあり、「たいへんよかった」との感想を述べていました。
 事故・トラブルもなく滞りなく日程を終え無事帰路に着くことができました。準備の中心となった支部役員、且O重ジャーナル観光社さん、名鉄観光の運転手さんとガイドさん、たいへんありがとうございました。




第1回 アピタ四日市店




第2回 イオン四日市尾平店
【秋の無料相談会開催】
 毎年10月は行政書士制度広報月間です。四日市支部では、市町役場や建設事務所、警察署、公証人役場、商工会議所等関係機関への広報活動と無料相談会を行っています。今年は市内会場で全2回の無料相談会を開催しました。合計相談件数は53件。

第1回 2016年10月1日(土)10:00〜16:00 ララスクエア(アピタ四日市店)1階東入口付近
相談員数 支部会員8名
相談件数 合計27件
相談内容 遺言・相続関係が多数を占めますが、他に離婚、相隣関係などの相談もありました。
この会場では、これまで20件を超えることはありませんでしたが、今年は27件と多くの相談に対応しました。

第2回 2016年10月16日(日)10:00〜16:00 イオン四日市尾平店 1階エスカレーター横
相談員数 支部会員8名
相談件数 合計26件
相談内容 やはり遺言・相続関係が多数を占めます。




【支部研修会】
 8月4日(木)13:30〜16:30 四日市商工会議所 3階中会議室ホールにおいて平成28年度第1回支部主催業務研修会を開催しました。
内容:「士業のためのブランディング」
講師:司法書士・行政書士 村瀬尚仁氏(愛知県司法書士会・愛知県行政書士会所属) 
司会:JCO認定講師 杉山永里子氏(一般社団法人日本コミュニュケーション)
参加者:31名(四日市支部:23名、桑名支部:5名、他支部3名)

研修会終了後は、恒例の懇親会を行いました。こちらの参加者は約20名+講師の先生2名の合計22名。






【定時総会及び定期大会】
 4月16日(土)16:00〜17:30 平成28年度三重県行政書士会四日市支部定時総会及び日本行政書士政治連盟三重会四日市分会定期大会をプラトンホテル四日市3階にて開催しました。
 ご祝辞を四日市市長田中俊行様からいただき、また、来賓として、桑名支部長安田様、鈴鹿支部長樋口様、亀山支部長西川様をお招きしました。
 議長は、渡邊裕二会員。支部定時総会は支部会員139名中110名の出席(当日37名、委任状数73名)、定期大会は分会会員数139名中114名の出席(当日41名、委任状数73名)で各々成立。
 支部及び分会の平成27年度の事業活動総括及び収支決算と平成28年度の事業活動計画及び予算について審議を行った後、今回は一名の役員の退任があったため役員補充を行いました(新役員は天春千賀子会員)。以上すべての議案について全員賛成により可決承認されました。
 20分の休憩の後、同ホテル隣室にて懇親会が行われました。冒頭、三重県議会議員山内道明様、四日市市議会議員三平一良様、同山口智也様からのご挨拶をいただいた後、桑名支部支部長安田治三様の音頭による乾杯により宴が始まりました。途中、新入会員の紹介を行った後、三重県行政書士会副会長で当支部所属会員である若林三知様より締めをしていただきました。


【無料相談会開催】
2月22日の行政書士記念日活動の一貫として2月28日(日)13:00〜16:00まで無料相談会を開催しました。
日時 2016年2月28日(日)1310:00〜16:00 ララスクエア アピタ四日市店 1階 「にぎりの徳兵衛」前にて
相談員数 支部会員6名
相談件数 合計5件
【支部研修会】
 2月10日(水)13:30〜17:00 四日市商工会議所 3階中会議室ホールにおいて平成27年度第2回支部主催業務研修会を開催しました。
内容:「知的資産経営支援 実践編」
講師:四日市支部所属の佐久間憲彦氏
参加者:20名
昨年8月に開催した知的資産経営支援研修に続く知的経営支援研修の第2弾となります。

なお、メイン研修講義の前に、四日市税務署様より、e-TAXを使った納税証明書のオンライン請求の説明を、そして終了後は日本政策金融公庫様より、利用の手引き、教育ローン、スーパーL資金(農業経営基盤強化資金)の説明をしていただきました。

研修会終了後は、恒例の懇親会を行いました。こちらの参加者は約15名。
2015年










【北勢4支部親睦旅行】
 平成27年10月24日〜25日、1泊2日の日程で、恒例の北勢4支部(桑名、亀山、鈴鹿、四日市各支部)の親睦旅行に行ってきました。
 今年の親睦旅行は「秋の四国さぬき路・・・こんぴら詣でと高松を訪ねて」と銘打ち、四国香川(琴平・琴平温泉)、徳島方面)へ。参加者は4支部総勢で32名(四日市支部18名、桑名支部3名、鈴鹿支部9名、亀山支部2名)。両日とも好天に恵まれ、特に一日目は初夏のような暑いくらいの日和となりました。
 宿はことひら温泉の「琴参閣」さん。宿の料理も充実し、宴会も魔化不思議な盛り上がりをしました。行きの車中もカラオケ、ビンゴゲームなどで長旅も飽きることなく楽しく過ごしました。事故・トラブルもなく滞りなく日程を終え無事帰路に着くことができました。準備の中心となった支部役員、且O重ジャーナル観光社さん、名鉄観光の運転手さんとガイドさん、たいへんありがとうございました。


10月3日 日永カヨー店


10月10日 ララスクエア(アピタ四日市店)


10月17日 イオン四日市尾平店

【無料相談会開催】
 毎年10月は行政書士制度広報月間です。四日市支部では、市町役場や建設事務所、警察署、公証人役場、商工会議所等関係機関への広報活動と無料相談会を行いました。
 特に四日市支部では無料相談会に力を入れています。市内3会場での相談会もすべて無事終えることがきました。

第1回 2015年10月3日(土)10:00〜16:00 日永カヨー店1階中央広場横にて
相談員数 支部会員8名
相談件数 合計34件

第2回 2015年10月10日(土)10:00〜16:00 ララスクエア(アピタ四日市店)1階東入口付近
相談員数 支部会員8名
相談件数 合計20件

第3回 2015年10月18日(日)10:00〜16:00 イオン四日市尾平店1階エスタレータ横
相談員数 支部会員8名
相談件数 合計24件

 以上、3会場での合計は78件。昨年(2014年)の69件の相談件数を上回りました。相談内容としては、相続・遺言を中心に、不動産関係や離婚問題など多様な相談が寄せられました。ただし、例年あった後見関係は今年はあまりありませんでした。

相談会を知ったのはほとんどが市の広報と新聞でしたが、会場の買い物の際に寄られた方も比較的多くいました。




【行政書士名表示板】
 6月29日(月)より、四日市市役所庁舎1階に四日市支部所属会員(希望者)の表示板が設置されました。念願の要望が実現しました。会員数140名弱のうち、現在掲載されたのは43名となっています。
「困ったときはとりあえず行政書士に!」 市民の皆様どうぞご参考にしてください。




【定時総会及び定期大会】
 4月17日(金)16:00〜17:30 平成27年度三重県行政書士会四日市支部定時総会及び日本行政書士政治連盟三重会四日市分会定期大会をプラトンホテル四日市3階にて開催しました。
 冒頭、物故会員3名の方のために黙祷。ご祝辞を四日市市長田中俊行様からいただき、また、来賓として、三重県土地家屋調査士会四日市支部長、三重県行政書士会桑名支部長、鈴鹿支部長、亀山支部長各位をお招きしました。
 議長は、永田哲夫会員。支部定時総会は支部会員138名中110名の出席(当日41名、委任状数69名)、定期大会は分会会員数138名中114名の出席(当日45名、委任状数69名)で各々成立。
 支部及び分会の平成26年度の事業活動総括及び収支決算と平成27年度の事業活動計画及び予算について審議を行った後、今年度は役員改選時期であるため、11名の役員のうち4名の交代を行いました。以上すべての議案について全員賛成により可決承認されました。
 15分の休憩の後、同ホテルにて懇親会が行われました。四日市市議会議員選挙候補者4名の方からのご挨拶、新入会員の紹介が行われました。また、今回は当支部初の試みとして、プロバンド(Music Comboさん)による生演奏(エレキ演奏)を設けました。
 
 ■新役員体制は以下のとおりです(敬称略)。
    支部長   岡嵜佳男
    副支部長 山本成樹、三沢圭
    支部会計 水谷智子
    監   事 山崎昌紀、水谷勉
    執行委員 橋本俊雄、太田直樹、平田一、小林徹也、河村厚
  新体制の下、ますます支部活動を発展して行きたいと思います。



【行政書士記念日活動】
 2月28日(土)10:00〜11:10 行政書士記念日活動として近鉄四日市駅北口ふれあいモールにおいて第2回目のグッズ配布を行いました。
 参加者は、支部長の橋本俊雄の他、山本成樹、天春千賀子、河村厚の各会員(敬称略)の合計4名。15分ほど配布物のセッティングを行った後、近鉄駅利用者や近鉄百貨店の買い物客の方々に「行政書士会です。お早うございます!」と元気に声を掛けて配りました。およそ11時過ぎまでかけて、ティッシュ約400個、クリアファイル(支部会員名簿付チラシ入)約50部を配りました。2月末日ですが、たいへん寒い日となりました。ご協力いただいた支部会員の皆さんお疲れ様でした。
 前回の記念日活動と合わせて、およそチラシ100枚、ティッシュ700個を配布しました。




【行政書士記念日活動】
 2月22日は行政書士記念日です。昭和26年2月22日に行政書士法が成立したことに因んでいます。
 四日市支部では、行政書士記念日活動として2月22日(日) 近鉄四日市駅北口ふれあいモールにおいて第1日目のグッズ配布を行いました。
 参加者は、支部長の橋本俊雄の他、山本成樹、大日方昌之、水谷智子の各会員(敬称略)の合計4名。15分ほど配布物のセッティングを行った後、近鉄駅利用者や近鉄百貨店の買い物客の方々に「行政書士会です。お早うございます!」と元気に声を掛けて配りました。約1時間弱で、用意したティッシュ約300個、クリアファイル(支部会員名簿付チラシ入、ティッシュのセット)約50部を配りました。どんよりとした曇り空でしたが、なんとか雨も降らずにすみました。
 次回は、2月28日(土)10時過ぎより、同じ場所で第2回目のグッズ配布を行う予定です。

第1部 講師 渡邊裕二氏

第2部 講師 宮田和典氏
【支部研修会】
 2月5日(木)13:30〜17:00 四日市商工会議所 1階ホールにおいて平成26年度第2回支部研修会を開催しました。
内容は「遺産分割協議書作成の実務、遺産分割と税制」。講師は、前半の「遺産分割協議書作成の実務」が三重県行政書士会四日市支部所属の渡邊裕二氏(司法書士兼業)、後半の「遺産分割と税制」が東海税理士会所属税理士の宮田和典氏。平成27年1月1日から相続税控除額が減額されるなど相続実務に動きがある中、非常にタイムリーな研修となりました。
 当日の参加者は66名(四日市支部32、桑名支部18、鈴鹿支部7、津支部4、松阪支部1、伊勢支部1、伊賀支部3)。四日市支部以外の支部の方も多数参加され、大盛況の研修会となりました。また、研修会後の懇親会も32名(2名の講師を含む)の参加によりこちらも大いに盛り上がりました。研修会、懇親会ともこれまでで最も多くの参加となります。
 
※ 行政書士の多くは、遺言、相続手続業務を行っています。遺言、相続で困ったなという方は、まずは行政書士に
 ご相談ください。
2014年

第1日目 善光寺にて


第2日目 須坂・田中本家にて
【北勢4支部親睦旅行】
 平成26年10月25日〜26日、1泊2日の日程で、恒例の北勢4支部(桑名、亀山、鈴鹿、四日市各支部)の親睦旅行に行ってきました。
 今年の親睦旅行は「秋色香る奥信濃路・・・湯田中温泉と長野・小布施・須坂を訪ねて」と銘打ち、北信濃方面(善光寺〜湯田中〜小布施〜須坂)へ。参加者合計は4支部総勢で29名(四日市支部19名、桑名支部2名、鈴鹿支部6名、亀山支部2名)。初日から好天に恵まれ、10月末としては暖かい日和となりました。
 宿は登録有形文化財の桃山風呂のある「よろづや」さん。料理にも満足し、車中もカラオケ、ビンゴゲームなどで楽しく過ごし無事に日程を終えることができました。参加者一同英気を養えた旅行となれたと思います。

第1回 日永カヨー


第2回 ララスクエア(アピタ四日市店)


第3回 イオン尾平店
【無料相談会開催】
 毎年10月は行政書士制度広報月間です。四日市支部では、市町役場や建設事務所、公証役場、商工会議所等関係機関への広報活動と無料相談会を行いました。
 特に四日市支部では無料相談会に力を入れています。市内3会場での相談会もすべて無事終えることがきました。

第1回 2014年10月5日(日)10:00〜16:00 日永カヨー店1階中央広場横にて無料相談会を開催。支部会員8名により行われ、合計31組の相談に応じました。

第2回 2014年10月11日(土)10:00〜16:00 ララスクエア(アピタ四日市店)1階東入口において無料相談会を開催。支部会員8名により行われ、合計17組の相談に応じました。

第3回 2014年10月18日(土)10:00〜16:0010:00 イオン四日市尾平店1階エスタレータ横において無料相談会を開催。支部会員8名により行われ、合計21組の相談に応じました。

 以上、3会場での合計は69組。昨年(2013年)の88組の相談件数には及びませんでしたが、相続・遺言を中心に数多くの相談に応ずることができました。

 各会場には、多様な相談に応じるられるよう、できるだけ税理士、社会保険労務士、司法書士、土地家屋調査士等を兼業する会員や女性会員を配置する工夫をして臨みました。

第1部 「後見の実務」 講師 宇佐美幸義氏


第2部 「遺言・エンディングノート」 講師 三沢圭氏
【支部研修会】
8月7日(木)14:00〜17:00 四日市商工会議所 中会議室において平成26年度第1回支部研修会を開催しました。
内容は「遺言・エンディングノート、後見の実務」。講師は「後見の実務」が三重県行政書士会四日市支部所属の宇佐美幸義氏、「遺言・エンディングノート」が同支部所属の三沢圭氏のお二人。レジュメも充実し、またわかりやすい講義をしていただき好評を得ました。
当日の参加者は49名(四日市支部27、桑名支部9、鈴鹿支部5、亀山支部2、津支部2、伊勢支部2、志摩支部1、伊賀支部1)。
研修会後の懇親会も26名の参加によりこちらも大いに盛り上がりました。
【定時総会及び定期大会】
 4月19日(土)16:00〜17:45 平成26年度三重県行政書士会四日市支部定時総会及び日本行政書士政治連盟三重会四日市分会定期大会をプラトンホテル四日市3階にて開催しました。
 冒頭、物故会員四日市支部元会員田中康正様に対して黙祷。ご祝辞を四日市市長田中俊行様及び四日市市議会議員藤井浩治様からいただき、また、来賓として、三重県土地家屋調査士会四日市支部長、三重県行政書士会桑名支部長、鈴鹿支部長、亀山支部長各位をお招きしました。
 議長は、藤原まゆみ会員。支部定時総会は支部会員141名中106名の出席(委任状参加73名を含む)、定期大会は分会会員数141名中111名の出席(内委任状数72名)で各々成立。支部及び分会の平成25年度の事業活動総括及び収支決算と平成26年度の事業活動計画及び予算について可決されました。
 総会終了後は同ホテルにて懇親会が行われ、四日市市議会議員山口智也様のご挨拶をいただき、途中新入会員の紹介が行われました。

第2回記念日活動 3月9日


第1回記念日活動 2月22日
【行政書士記念日活動】
1 四日市支部では、行政書士記念日活動として2月22日と3月9日の2日間にわたりグッズ配布を行いました。
2 第1回グッズ配布(2月22日(土)10:00〜11:00)
 近鉄四日市北口ふれあいモールにおいて、ティッシュ等のグッズ配布を行いました。参加会員は、支部長の橋本俊雄、山本成樹、大日方昌之、水谷智子の各会員(敬称略)の合計4名。15分ほど配布物のセッティングを行った後、近鉄駅利用者や近鉄百貨店の買い物客の方々に「行政書士会です。お早うございます!」と元気に声を掛けて配りました。約1時間弱で、用意したティッシュ約400個、クリアファイル(支部会員名簿付チラシ入、ティッシュのセット)約70部を配りました。土曜日であるにもかかわらずあまり人出がなく、配布のペースも伸びませんでしたが、徐々にペースも上がり、結果的には1時間足らずで配り終えました。2月の屋外ということもあり、寒い中での配布活動でしたが、よい広報となりました。
3 第2回グッズ配布(3月9日(日)10:00〜11:00)
 3月というのに、真冬のような気温の中、前回と近鉄四日市北口ふれあいモールにおいてグッズ配布を行いました。参加者は、支部長山本成樹、天春千賀子、河村厚(敬称略)各会員です。前回よりも多少時間がかかりましたが、それでも予定時間より前の11時30分に終了。今回も名簿付チラシ入りのクリアファイル約70部とティッシュ約400個を配ることができました。
4 以上、2回のグッズ配布により、チラシ入りクリアファイルは合計140部、ティッシュは合計約800個を配布しました。両日とも寒い中、「明るく元気に爽やかに」グッズ配布に参加していただいた会員の方にはこの場を借りて感謝いたします。
【支部研修会】
 2月13日(木)13:30〜16:45 四日市商工会議所 中会議室において平成25年度第2回支部研修会を開催しました。
 内容は「国際業務の基礎」。講師は三重県行政書士会四日市支部所属の小林徹也氏。
 入管手続き等の基礎講演の後、具体的事例を元に申請書の作成を学びました。質疑応答も活発に行われ、充実し た研修会となりました。
 当日の参加者は約40名。四日市支部30名、桑名支部6名の他遠方の支部からの参加もありました。
 なお、研修会後の懇親会も20名を超える参加者によりこちらも大いに盛り上がりました。
2013年

第2回目(日永カヨー)相談会の模様
【無料相談会】

第1回 2013年10月5日(土)10:00〜16:00 イオン四日市尾平店1階エスタレータ横にて無料相談会を開催。支部会員8名+若干名により行われ、合計39組の相談に応じました。

第2回 2013年10月12日(土)10:00〜16:00 日永カヨー店1階中央広場横において無料相談会を開催。支部会員8名により行われ、合計36組の相談に応じました。

第3回 2013年10月20日(日)10:00〜16:0010:00 ララスクエア(アピタ四日市店)1階東入口において無料相談会を開催。支部会員8名により行われ、合計13組の相談に応じました。
当日は、向い側のスペースで土地家屋調査士会さんも無料相談を開催していました。


以上、3会場での合計は88組。昨年(2012年)の60組を大幅に超過し、特に第1回と第2回の相談会では会員がフル稼働という状況でした。

 今年は昨年以上に遺言と相続に関する相談が多く、約70%を占めました。また、他の相談内容として、税金、介護、扶養、年金等、幅広い内容が寄せられました。税理士、社会保険労務士、司法書士、土地家屋調査士等を兼業する会員を相談員としてバランスよく配置するともに、今後とも相談員側の一層の研鑽が必要です。
【北勢支部親睦旅行】
 平成25年10月26日〜27日、1泊2日の日程で、恒例の北勢支部(桑名、亀山、鈴鹿、四日市各支部)の親睦旅行を開催しました。今年の親睦旅行は「名湯玉造温泉と出雲大社を訪ねて」と銘打ち、山陰地方(足立美術館〜玉造温泉〜出雲大社〜松江宍道湖)へ。4支部総勢32名の参加となりました。今年は、出雲大社60年ぶりの大遷宮の年となります。10月は各地では「神無月」ですが、ここ出雲大社では全国の神様が参集される「神在月」となります。前日まで台風が接近するという中、開催が危ぶまれましたが、当日はその台風も運良く逸れることができ無事出発することができました。
昼食も車中食という長旅でしたが、参加者一同満喫することができました。

※写真は、2日目に訪れた出雲大社でのひとコマです。
【支部研修会】
 8月8日(木)14:00〜16:45 四日市商工会議所 中会議室において平成25年度第1回支部研修会を開催しました。
 内容は、「行政書士と中小企業支援」、講師は三重県行政書士会四日市支部所属の辻真也氏(行政書士、社会保険労務士)。
 中小企業に関わる各種補助金・助成金制度の全体像とその具体例を分かりやすい内容で講義していただきました。
 当日の参加者は41名(四日市支部29名、桑名支部5、鈴鹿支部1、亀山支部1、津支部4、伊勢支部1)。
 なお、研修会後の懇親会も20名の参加者によりこちらも大いに盛り上がりました。

写真は、選任された新役員11名の面々
【定時総会及び定期大会】
 4月19日(金)16:00〜17:30 平成25年度三重県行政書士会四日市支部定時総会及び日本行政書士政治連盟三重会四日市分会定期大会をプラトン(旧ロワジール)ホテル四日市にて開催しました。
 総会議事に先立ち、物故会員四日市支部山田幸吉様、鈴鹿支部花井寛様)に対して黙祷が行われました。
 支部定時総会は支部会員135名中107名の出席(委任状参加71名を含む)、定期大会は分会会員数135名中108名の出席(内委任状数71名)で各々成立。
 それぞれ、平成24年度の事業総括及び収支決算と平成25年度の活動計画及び予算について可決されました。また、今年度は役員改選時期のため、新役員が選任されました。
 来賓として、三重県土地家屋調査士会四日市支部様、三重県行政書士会桑名支部様及び鈴鹿支部様の各代表・代理の方をお招きしました。
 総会終了後同ホテルにて懇親会が行われ、支部所属の市議会議員藤井浩治様の挨拶をいただきました。また、3月末日をもって退会された若山一清様の慰労・感謝会を行いました。


【行政書士記念日】
 2月22日の「行政書士記念日」にちなみ、2月23日(土)、3月10日(日)の2回、近鉄四日市駅北口ふれあいモールにて、ティッシュ、クリアファイル、チラシなどのグッズ配布を行いました。
 参加者は第1回は橋本、山本、大日方、三沢、水谷の5名、第2回は橋本、太田、大日方、天春の4名。市民の方に「お早うございます。行政書士会です。」と元気に声をかけながら、クリアファイルのセットは第1回100部、第2回80部、ティッシュはいずれも約400個ずつを配布しました。
【支部研修会】
 2月14日(木)13:30〜16:50 四日市商工会議所 中会議室において平成24年度第2回支部研修会を開催しました。
 内容は、「次世代行政書士のマネジメント術」、講師は三重県行政書士会津支部所属の米田智彦氏。
約130枚にも亘るパワポ資料に基づき、たいへん内容の濃い講義を行っていただきました。
 当日の参加者は50名(四日市支部25名、桑名支部14、鈴鹿支部2、津支部6、松阪支部2、伊勢支部1)で会場はほぼ満席。
 なお、研修会後の懇親会も25名の参加者によりこちらも大いに盛り上がりました。
2012年
【北勢支部親睦旅行】
 平成24年10月27日〜28日、1泊2日の日程で、恒例の北勢支部(桑名、亀山、鈴鹿、四日市各支部)の親睦旅行を開催しました。今年の親睦旅行は箱根、鎌倉方面。桑名支部3名、鈴鹿支部2名、四日市支部18名の総勢23名の参加となりました。今年は、中地協会議及び亀山支部の無料相談会と重なり昨年より参加者が減りました。しかし、箱根では温泉に浸かり、古都鎌倉では散策などを堪能し、参加者一同満足できた旅行となりました。1日目はほぼ快晴、2日目はときどき小雨ともなりましたが、濡れるというほどもなく、無事日程を終えることができました。

※写真は、2日目に訪れた鎌倉の大仏前でのひとコマです。

第1回 10月7日(日)ララスクエア(アピタ四日市店)


第2回 10月13日(土)日永カヨー店


第3回 10月20日(土)イオン四日市尾平店 
【無料相談会】

第1回 2102年10月7日(日)10:00〜16:00 ララスクエア(アピタ四日市店)1階東入口にて無料相談会を開催。支部会員8名により行われ、合計16組の相談に応じました。
当日は、向い側のスペースで土地家屋調査士会さんも無料相談を開催していました。

第2回 2012年10月13日(土)10:00〜16:0010:00 日永カヨー店1階中央広場横において無料相談会を開催。支部会員8名により行われ、合計25組の相談に応じました。

第3回 2012年10月20日(土)10:00〜16:0010:00 イオン四日市尾平店1階エスタレータ横において無料相談会を開催。支部会員8名により行われ、合計19組の相談に応じました。

以上、3会場での合計は60組(相談内容では重複を含めて65項目)。

 今年も遺言と相続に関する相談が約50%と多くを占めています。また、他の相談内容として、税金、介護、扶養、年金等、幅広い内容が寄せられました。税理士、社会保険労務士、司法書士、土地家屋調査士等を兼業する会員を相談員としてバランスよく配置するともに、相談員側の一層の研鑽が必要です。
【定時総会及び定期大会】
 4月21日(土)16:00〜17:30 平成24年度三重県行政書士会四日市支部定時総会及び日本行政書士政治連盟三重県支部四日市分会定期大会をロワジールホテル四日市にて開催しました。
総会開会に先立ち、冒頭、平成23年度中の会員物故者の方のために黙祷をささげました。
 支部定時総会には支部会員135名中100名の出席があり(委任状参加67名を含む)(定期大会も同様)がありました。それぞれ、平成23年度の事業総括及び収支決算と平成24年度の活動計画及び予算について可決されました。また、役員補充の承認も行いました。
来賓として、三重県土地家屋調査士会四日市支部から伊藤支部長、北勢各支部長の合計4名の方をお招きしました。
 今回も、前年に引き続き総会会場で東日本大震災義援金ための募金を募りました。後日、三重県行政書士会を通じて被災者支援に役立てる予定です。
 総会終了後同ホテルにて懇親会が行われ、お二方の市議会議員の挨拶をいただいた後、日ごろの業務の慰労とともに新年度の支部の発展を誓い合いました。
【行政書士記念日】
 2月22日の「行政書士記念日」にちなみ、第1回目は2月25日(土)、第2回目は3月18日(日)の2回にわたり近鉄四日市駅北口付近にて、ティッシュ、クリアファイル、チラシなどのグッズ配布を行いました。
 参加者は第1回は山本、大日方、坂本、橋本、第2回は大日方、太田、辻、橋本のいずれも4名ずつです。市民の方に「お早うございます。行政書士会です。」と元気に声をかけながら、クリアファイルのセットは第1回60部、第2回80部、ティッシュはいずれも約400個ずつを配布しました。第2回目では、新しく看板も用意しました。いずれも午前10時過ぎから配布を始め1時間もたたずに配布し終えました。
 写真は第2回目の参加者の様子(撮影者は別)。日本行政書士会連合会マスコットキャラクターの猫の行政(ユキマサ)くんと。
【支部研修会】
 2月9日(木)13:30〜16:45 四日市商工会議所 中会議室において平成23年度第2回支部研修会を開催しました。
 第1部は「職務上請求書について」、講師は三重県行政書士会総務部長橋本俊雄氏。第2部は「企業における契約実務」、講師は名城大学法科大学院教授・弁護士の宮島元子先生。当日の参加者は40名(四日市支部28名、桑名7、鈴鹿1、津3、松阪1)でした。実務経験も豊富な先生の講義は、資料も豊富で行政書士実務においても大変勉強になる内容でした。
 なお、研修会後は16名参加者により懇親会が行われました。
【三重県行政書士会親睦旅行】
 平成24年1月28日三重県行政書士会の親睦旅行に行ってきました。行き先は、京都(下鴨神社、清水寺、サントリー京都工場)です。参加者は総勢32名(桑名支部4名、四日市支部7名、鈴鹿支部2名、伊賀支部2名、津支部11名、松阪支部3名、尾鷲支部1名、事務局2名)。
 1月の寒い時期、「京の底冷え」となるかと思いきや、それほど寒さも厳しくなく、まずまずの天候に恵まれました。観光場所は京都の定番中の定番。昼食は平安神宮近くで湯豆腐で舌鼓をうち、サントリー工場ではビールの試飲です。往復のバスの中もカラオケ等で大いに盛り上がり、日帰りではありましたが参加者一同大いに親睦が深められました。そして、英気を養い明日からの業務の活力となったと思います。

※写真は、下鴨神社での一こまです。
2011年
【北勢支部親睦旅行】
 平成23年10月29日〜30日、1泊2日の日程で、恒例の北勢支部(桑名、亀山、鈴鹿、四日市各支部)の親睦旅行を開催しました。今年の親睦旅行は「能登半島・和倉温泉と木彫りの里・井波を訪ねて」と銘打ち北陸方面を巡りました。桑名支部4名、鈴鹿支部3名、四日市支部20名の総勢27名の参加となりました。参加者一同たいへん評判も良く、日ごろの仕事の疲れを癒すことができました。

※写真は、2日目に訪れた富山県砥市市井波の井波別院「瑞泉寺」(本願寺第5世綽如上人開祖、後小松天皇勅願所)での一こまです。
 10月2日、8日、16日、四日市市内三会場(ララスクエア四日市、日永カヨー、イオン四日市尾平店)において、合計3回の無料相談会を開催しました。各会場とも相談員8名体制で臨み、相談件数は、第1回が17件、第2回は28件、第3回が17件の合計62件となりました。相談内容としては、すべて権利義務関係でした(66件。重複あり)。
 昨年は許認可関係も数件ありましたが、今年は許認可関係の相談は0件であり、市町民の方の悩みが、より権利義務関係に移っていると感じました。
 相談会参加会員は合計23名(延べ24名)で、昨年度より相談員が3名増加しました。
【支部研修会】
8月4日(木)14:00〜17:00
四日市商工会議所 中会議室において平成23年度第1回支部研修会を開催しました。
テーマは「相続における戸籍の見方他」「相続税制のポイント」。講師は前者が司法書士の杉村真弓氏、後者が税理士の鎌田尚樹氏。
当日は、四日市支部34名、他支部23名(桑名8、鈴鹿1、津9、松阪2、伊賀2、尾鷲1)の合計57名が参加され、会場はほぼ満席状態。近年では最も多い参加となりました。
相続手続業務を行う上で、戸籍や税金のことはよく相談で聞かれる内容であり、非常に有益な内容でした。講師の先生方の話し方もとてもソフトで分かり易いものでした。
アンケートによれば、たいへん満足18、満足16、普通5、少し不満0、不満0(回収39名分)というように、好評を得られたものとなりました。
研修会後は懇親会が行われ、こちらも25名と多くの方が参加しました。
【定時総会及び定期大会】
4月15日(金)16:00〜17:40 三重県行政書士会四日市支部定時総会及び日本行政書士政治連盟三重県支部四日市分会定期大会をロワジールホテル四日市にて開催しました。
総会開会に先立ち冒頭、3月11日に発生した東関東大震災で犠牲になられた方及び平成22年度中の会員物故者の方のために黙祷をささげました。
支部定時総会には支部会員132名中103名の出席があり(委任状参加71名を含む)、定期大会には分会会員132名中110名の出席(委任状参加71名を含む)がありました。それぞれ、平成22年度の事業総括及び収支決算と平成23年度の活動計画及び予算について可決されました。また、今回は役員改選の時期であり、3名の退任役員に代わり、新たに3名の新役員が就任しました。
来賓として、三重県土地家屋調査士会四日市支部から伊藤支部長、北勢各支部長の合計4名の方をお招きしました。
当日、東日本大震災義援金として、3,296円が集まりました。ご協力ありがとうございました。その後、金額を加えて4,000円を、三重県行政書士会を通じて被災地支援のために寄付させていただきました。

総会終了後同ホテルにて懇親会が行われ、2名の県会議員と2名の市議会議員候補の挨拶をいただいた後、日ごろの業務の慰労とともに新年度の支部の発展を誓い合いました。
【行政書士記念日】
2月22日の「行政書士記念日」にちなみ、3月13日(日)午前 第5回四日市歩行者天国(YYよっかいち)(近鉄四日市百貨店と百五銀行の間の道路)において、ティッシュ、クリアファイル、チラシ、花の種などのグッズ配布を行いました。参加者は伊藤、太田、大日方、支部長の橋本の4名。市民の方に「お早うございます。行政書士会です。」と元気に声をかけながら、クリアファイルのセットは90部、ティッシュは約400個を配布しました。今回は、のぼり2本も用意して行いました。
【支部研修会】
3月3日(木)14:00〜16:30
四日市総合会館7階第1研修室において研修会を開催しました。
テーマは「消費者問題の現状と対策」。講師は消費生活専門相談員の松本久子氏。
当日は、四日市支部20名、他支部(桑名、鈴鹿、津、松阪各支部)8名の合計28名が参加しました。
休憩なしの約2時間半の講義でしたが、実際の相談事例にも触れられ、また最近の法改正内容も確認でき、行政書士業務として大変勉強となる研修でした。
【行政書士記念日】
2月22日は行政書士法制定にちなみ、「行政書士記念日」です。わが支部でも2月26日(土)午前 近鉄四日市百貨店ふれあいモールにおいて、ティッシュ、クリアファイル、チラシ、花の種などのグッズ配布を行いました。参加者は宇佐美、渡邊、山本、支部長の橋本の4名。市民の方に「お早うございます。行政書士会です。」と元気に声をかけながら、クリアファイルのセットは100部、ティッシュは約400個を配布しました。
【三重県行政書士会】
2月20日(日)13:00〜20:00 アスト津アストホールにおいて、「行政書士法制定60周年記念式典」が三重県行政書士会主催にて開催されました。
第1部は辛坊次郎氏による記念講演「これからの政治と経済の行方」、第2部は会員によるアトラクション、第3部は記念式典、第4部は記念パーティという構成で行われました。行政書士法制定から60周年を迎えましたが、次は100年を目指して会員一同奮闘する決意を固めあいました。
写真は、記念式典での来賓の三重県知事野呂昭彦氏による祝辞の模様です。その他各界・関係各団体より多数の来賓の方にご参列いただきました。
2010年
【北勢支部親睦旅行】
 平成22年10月30日〜31日、1泊2日の日程で、恒例の北勢支部(桑名、亀山、鈴鹿、四日市各支部)の親睦旅行を開催しました。行き先は飛騨・高山方面。散策などを楽しみました。宿での懇親会も大いに盛り上がりました。
【定時総会及び定期大会】
 4月16日(金)16:00〜17:30 三重県行政書士会四日市支部定時総会及び日本行政書士政治連盟三重県支部四日市分会定期大会をロワジールホテル四日市にて開催しました。
支部定時総会には支部会員128名中93名の出席があり(委任状参加62名を含む)、定期大会には分会会員128名中97名の出席(委任状参加62名を含む)が」がありました。それぞれ、平成21年度の事業総括及び収支決算と新年度の活動計画及び予算について可決されました。
三重県行政書士会から伊藤会長、三重県土地家屋調査士会四日市支部から西脇支部長、北勢他3支部 各支部長をご来賓にお招きしました。
総会終了後同ホテルにて懇親会が行われ、日ごろの業務の慰労とともに新年度の支部の発展を誓い合いました。
【「行政書士の日」記念日PR】
 3月14日(日)10:00〜11:30 「YY四日市歩行者天国」会場(四日市近鉄百貨店と百五銀行の間の通り)で、行政書士記念日行事の第2弾として、ティッシュ等のグッズ配布を行いました。
参加会員は、若林、山本(以上敬称略)プラス支部長の3名。
歩行者天国来場者、駅利用者、買い物客の方々に「行政書士会です。お早うございます!」と元気に声を掛けて配りました。開始当初は人通りが少なかったものの、11時前頃から徐々に増え、約1時間半でティッシュ約800個、チラシ(花の種、クリアファイル)約60部を配りました。
 前回(2月22日)のグッズ配布と合わせると、ティッシュ1400個、チラシ160部ほどの配布を行ったことになります。この間不順な天候が続いていましたが、この日は快晴に恵まれ、無事終了することができました。
【「行政書士の日」記念日PR】
 2月22日(土)10:00〜11:10 近鉄四日市北口付近にて、行政書士記念日行事として、ティッシュ等のグッズ配布を行いました。
 参加会員は、若林、伊藤、山本(以上敬称略)プラス支部長の4名。駅利用者や買い物客の方々に「行政書士会です。お早うございます!」と元気に声を掛けて配りました。10:00から1時間超で、ティッシュ約600個、チラシ(花の種、クリアファイル)約100部を配りました。道行く市民の方々が結構受けとってくれました。中には、話し込む方や、向こうからわざわざ受け取りに来る方もいて、予想以上に順調に配布できました。
【無料相談会】
 2010年2月21日(日)10:00〜16:00 ララスクエア(アピタ四日市店)1階東入口にて無料相談会を開催しました。支部会員8名により行われ、合計25件の相談に応じました。
 相談内容としては、延べ30項目のうち、遺言相続が最も多く、他に離婚、内容証明など多義にわたる相談が寄せられました。初めての開催場所となりましたが、大盛況でした。なお、当日は、土地家屋調査士会さんも無料相談を開催していました。
 なお、2009年度の無料相談会としては第4回目となり、累計で96件と三桁に迫る相談に対応したことになります。
【支部研修会】
 2月5日(金)13:30〜16:50 四日市商工会議所中会議室において研修会を開催しました。
テーマは、「開発許可業務の基礎知識」。第1部は「都市計画法及び条例についてと題して、四日市市役所都市整備部開発審査課参事兼課長樋口敏夫氏に、また第2部は「開発許可申請の実務について」と題して、当支部会所属会員の若山一清先生に講義をしていただきました。
 当日は、40弱名が参加し、四日市支部会員以外に、桑名、鈴鹿、津、伊賀各支部からも参加を得られました。
2009年
【支部親睦旅行】
 平成21年10月24日〜25日、1泊2日の日程で恒例となりました北勢4支部(桑名、亀山、鈴鹿、四日市各支部)の親睦旅行を開催しました。今年の親睦旅行は「真田一族の故郷 信州路の秋・・戸倉上山田温泉と松城・上田塩田平を訪ねて」と銘打ち、信州は松代・戸倉上山田温泉・上田・松本を巡りました。桑名支部6名、亀山支部1名、鈴鹿支部3名、四日市支部19名の総勢29名の参加となりました。
【無料相談会】
 2009年10月18日(日))10:00〜16:00 イオン北ショッピングセンターにて無料相談会を開催しました。支部会員8名により行われ、合計30件の相談に応じました。
 相談内容としては、遺言相続を中心に多義にわたる相談が寄せられ、中には相当深刻な相談もありました。
【無料相談会】
 2009年10月10日(土)10:00〜16:00 イオン四日市尾平店にて無料相談会を開催しました。支部会員7名により行われ、合計20件の相談に応じました。
10時の開始前から相談者の方が順番を待っておられ、開始と同時に複数の相談に応じました。
 相談内容としては、やはり遺言相続の占める割合が高いという特徴がありました。
本相談会から新たに無料相談会用ののぼりを作りました。
【無料相談会】
 2009年10月4日(日)10:00〜16:00 近鉄四日市店シャンデリア広場にて無料相談会を開催しました。支部会員8名により行われ、合計19件の相談に応じました。
画像は、相談者の相談に親身に答えるA会員。当日は大四日市祭りでもあったので、向こう側にはっぴ姿の御輿の担ぎ手の人たちが見えます。
【支部研修会】
 9月18日(金)14:00〜16:30 津地方裁判所四日市市支部にて研修会を開催しました。
テーマは、「刑事司法手続きの流れ」。講師は、裁判官の柳本つとむ先生。
当日は、44名の参加となりました。四日市支部会員以外に、桑名、鈴鹿、津、伊勢各支部からも参加を得られました。
 行政書士は告訴・告発状の作成等で刑事司法に関わることがありますが、このような刑事司法についての研修会は珍しく、たいへん勉強になりました。また、講義終了後は、裁判所の法廷及び調停室などの見学もさせていただきました。
 講師の柳本裁判官をはじめ、津地方裁判所四日市市支部の皆様には大変お世話になりました。この場を借りて御礼申し上げます。
【定時総会及び定期大会】
 4月17日(金)16:00〜17:30 三重県行政書士会四日市支部定時総会及び日本行政書士政治連盟三重県支部四日市分会定期大会をロワジールホテル四日市にて開催しました。
 支部定時総会には支部会員126名中92名の出席があり(委任状参加63名を含む)、定期大会には分会会員126名中100名の出席(委任状参加62名を含む)が」がありました。それぞれ、昨年度の事業総括及び収支決算と新年度の活動計画及び予算について可決されました。また役員改選も行われ、10名の役員全員が信任されました。

 定期総会及び定期大会後は、同ホテルにて懇親会が行われ、総会と定期大会の成功と次年度の支部の発展を誓い合いました。
【「行政書士の日」PR】
 2月21日(土)10:00〜11:00 近鉄四日市駅北口1階付近にて、行政書士の日(2月22日)にちなんだPR活動の一環として、グッズ(行政書士会チラシ、クリアファイル、ティッシュ)の配布を行いました。
 支部員の宇佐美、橋本、若林の3名が参加し、駅利用者や買い物客の方々に「行政書士会です。お早うございます!」と声を掛けて配りました。約400個のティッシュが1時間ほどで配り終えました。
2008年
【支部後援活動】
 11月29日(土)NPO法人三重成年後見サポートセンター主催で、「ご存知ですか成年後見制度」のテーマで市民公開講座が開催されました。場所は、四日市文化会館第4ホール。当行政書士会四日市支部と社会福祉法人四日市社会福祉協議会が後援団体となりました。これは、四日市市制111周年記念事業の一環という位置付けです。一般市民50名、三重県行政書士会所属会員22名が参加されました。
講演内容は、(1)「四日市市における高齢者、障害者の現状と今後」(講師は四日市市社会福祉協議会 藤田一樹氏)、(2)「高齢者の視点に立った遺言・相続説明」(講師は行政書士会桑名支部 有澤歩氏)、(3)「成年後見制度の概要について」(講師は行政書士会四日市支部 天春隆子氏)でした。講演後に無料相談会が開催され、相談件数9件、NPO会員16名が対応しました。
 なお、同取組みの模様は、11月30日(日)の中日新聞朝刊に写真(天春先生の講演模様のアップ)付きで掲載され、記事中で宇佐美先生がNPOの紹介もしています。
【支部親睦旅行】
 10月25日〜26日の一泊二日にて支部親睦旅行がありました。
今年は、「紀州路の秋 奥熊野・川湯温泉と世界遺産・熊野古道を訪ねて」と題して行いました。北勢4支部(四日市19名、桑名9名、鈴鹿1名、亀山0名)の総勢29名が参加されました。
 1日目は曇り空、2日目は小雨がぱらつくようなあいにくの天候でしたが、車中ではカラオケやビンゴゲームで盛り上がり、また宿や名所旧跡等でも楽しく過ごすことができました。参加者一同日ごろの疲れを癒すことができ、明日からの活力となったことと思います。
sorry
no image
【無料相談会】
 2008年10月19日(日)10:00〜16:00 中部近鉄百貨店シャンデリア広場にて無料相談会を開催しました。支部会員8名により行われ、合計20件(昨年度と同数)の相談に応じました。
【無料相談会】
 2008年10月11日(土)10:00〜16:00 イオン四日市尾平店にて無料相談会を開催しました。支部会員8名により行われ、合計29件(昨年度比2.2倍)の相談に応じました。
10時の開始早々用意した6席がすべて埋まるという状況で始まり、当初机が2つのところ3つに増設しました。
 相談内容として、遺言相続が21件と圧倒的に多いですが、そのほかに、土地建物関係、後見、多重債務等多方面の相談が寄せられました。
【無料相談会】
 2008年10月5日(日)10:00〜16:00 イオン四日市北ショッピングセンターにて無料相談会を開催しました。支部会員8名により行われ、合計38件(昨年度比2倍弱)の相談に応じました。
 相談内容としては、遺言相続が29件と多く、他に契約、後見、墓地管理、その他など多彩な相談がありました。
 会場設営が終わる頃には、もう既に3組ほどの相談者の方が順番を待っており定刻前でしたが始める事としました。10時を廻った頃、3テーブルに6組、11名の相談者が座り、担当者も各組独りで対応しました。待合の椅子には、順番を待っている相談者の方も多く、急遽予約表を作成し対応しました。相談がひと段落したのは午後2時頃と、全体的に活況を呈した状況でした。
【研修会】
 2008年9月13日(土)四日市総合会館第1研修室にて本年度第1回四日市支部業務研修会が開催されました。
 テーマは「知っておきたい借地借家の基礎知識」、講師は、リベラ法律事務所 弁護士の渡辺伸二先生。
 64名の三重県下の会員の方が参加され、大好評の研修会となりました。
研修会後は、場所を移動し、親睦を兼ねた懇親会を開催しました。こちらも39名の方が参加され、大いに盛り上がりました。
【定期総会及び定期大会】
 4月18日(金)16:00〜17:30 三重県行政書士会四日市支部支部定時総会及び日本行政書士政治連盟三重県支部四日市分会定期大会をロワジールホテル四日市にて開催しました。
 支部定時総会には支部会員124名中97名の出席があり(委任状参加含む)、定期大会には分会会員124名中100名の出席(委任状参加含む)が」がありました。それぞれ、昨年度の事業総括及び収支決算と新年度の活動計画及び予算について可決されました。
【懇親会】
 上記定時総会及び定期大会終了後、同じくロワジールホテル四日市にて懇親会が行われました。定時総会と定期大会の成功を祝い、また、日ごろの業務の疲れを癒す場となりました。参加された会員同士和やかにかつ楽しく懇談されていました。
【研修会】
 2月6日(水)13:30〜16:50 津地方裁判所四日市市支部にて裁判員制度の研修会として模擬裁判を行いました。事案は、「強盗傷害事件」。実際の法廷を会場とし、支部会員が裁判官・裁判員・検察官・弁護人・被害者証人役を行い、緊張感を感じながらも非常に充実した研修となりました。また、現役の裁判官の方に被告人役を自ら行っていただきました。裁判員制度を考える非常によい機会となりました。津地方裁判所四日市市支部の皆様には大変お世話になりました。この場を借りて御礼申し上げます。
2007年
sorry
no image
研修会
 11月17日支部研修会を納屋プラザにて行いました。テーマは「こんなに簡単!韓国語の学習」、講師は四日市支部長の宇佐美幸義先生。
 参加者は5名と少数でしたが、一般の方も1名参加され、和気藹々と研修を行いました。韓国語の読みなど難しいですが、やってみると大変面白く、3時間があっという間にすぎました。まだまだ初歩の初歩ですが、これをきっかけに入管業務などに生かせたらよいですね。
支部親睦旅行
 10月27日・28日支部親睦旅行がありました。
行き先は「山陰路の秋 湯村温泉〜鳥取砂丘」でした。北勢4支部(四日市、桑名、鈴鹿、亀山)の総勢約40名弱が参加しました。
 1日目はJR山陰線の余部鉄橋を見て、湯村温泉で一泊し、2日目は鳥取砂丘という日程でした。1日目は雨交じりのあいにくの天候で、日本海の荒波を見、2日目は一転して快晴となり、藍色の海を望むことができ、山陰の海の二つの顔を見ることができました。バスの長旅でしたが、参加者一同鋭気を養いました
sorry
no image
無料相談会
 2007年11月21日(日)10:00〜16:00 イオン四日市北店にて無料相談会を開催しました。支部会員8名により行われ、19件の相談に応じました。
 相談内容として、遺言、相続、契約、成年後見、労働問題など多方面の相談が寄せられました。
無料相談会
 2007年10月14日(日)10:00〜16:00 イオン四日市尾平店にて無料相談会を開催しました。支部会員9名により行われ、13件の相談に応じました。
 相談内容として、遺言、相続、契約、離婚、多重債務、国際など多方面の相談が寄せられました。
無料相談会
 2007年10月6日(土)10:00〜16:00 近鉄百貨店四日市店にて無料相談会を開催しました。支部会員9名により行われ、20件の相談に応じました。
 相談内容として、遺言・相続を中心として、成年後見、多重債務、国際、会社設など多方面の相談が寄せられました。

研修会
 2007年7月12日(木)13:00〜17:00 津地方裁判所四日市支部にて支部研修会を開催しました。四日市支部会員及び三重県下の他支部会員計38名が参加しました。
 テーマは、「裁判員制度」と「成年後見制度」です。講師は、津地方裁判所四日市支部裁判官柳本氏と津家庭裁判所四日市支部主任書記官の野添氏にご担当いただきました。その他裁判員制度の映画の上映と講演終了後に法廷見学を行いました。

2006年


無料相談会
 2006年11月5日(日)10:00〜16:00 ジャスコ四日市北店にて無料相談会を開催しました。支部役員7名により行われ、14名の方からの相談に応じました。相談内容は、遺言・相続6件、契約2件、成年後見2件、贈与2件、離婚1件、進路1件でした。

支部親睦旅行
 2006年度の三重県行政書士会北勢四支部の親睦旅行は、10月28日(土)〜29日(日)1泊2日「伊豆のいで湯街"伊豆伊東温泉"とサスペンス街道"城ケ崎海岸"秋探訪」のテーマーで、北勢四支部会員の皆様の親睦と連携を目的に実施致しました。
 参加者は四日市支部22名、桑名支部6名、鈴鹿支部4名、亀山支部2名合計34名でした。本年度は新入会員の皆様初め、例年以上に8名もの女性会員の皆様のご参加いただき、楽しくも華やいだ雰囲気の旅行となりました。若い会員の皆様の中には明方まで情熱溢れるお話し合いをされたとお聞きしました。

無料相談会
 2006年10月15日(日)10:00〜16:00 ジャスコ四日市尾平店にて無料相談会を開催しました。支部役員8名により行われ、20名の方からの相談に応じました。
 相談内容として、遺言、相続、離婚、契約等の相談が寄せられました。

無料相談会
 2006年10月7日(土)10:00〜16:00 近鉄百貨店四日市店にて無料相談会を開催しました。支部役員8名と一般会員1名の合計9名により行われ、約30名弱の方から相談が寄せられました。
 相談内容として、遺言、相続、離婚、売買、賃貸借、労災等多方面の相談が寄せられました。
研修会
 2006年9月23日(土)四日市文化会館第3ホールにて第2回 四日市支部業務研修会を開催しました。
テーマ「新会社法の実務〜定款変更を中心として」、講師 土田 勤 先生
 57名の三重県下の会員の方が参加しました。また、研修会後、親睦を兼ねて懇親会が開催されました。
なお、研修会の模様は、9月24日付の伊勢新聞朝刊に掲載されました。
研修会
 2006年7月15日(土) 四日市文化会館にて第1回四日市支部業務研修会を開催しました。
テーマ「中国古典に学ぶ人間学−25の心得とリーダーのあり方」、講師 土田 勤 先生
 約40名の三重県下の会員の方が参加しました。

支部長挨拶・支部紹介

2009年度
 
 平成21年(2009年)4月17日の定時総会をもって新たに支部長に就任しました橋本俊雄と申します。行政書士事務所を開業して今年で6年というまだ日の浅い者ではありますが、市民(住民)の皆様及び支部会員の皆様、どうぞよろしくお願い申し上げます。

■市民(住民)の皆様
 現在、日本は高齢化、少子化に加え、昨年秋より始まった世界同時不況の中にあり、国民にとって不安の多い状況にあります。他方で、今年5月には国民の司法参加の一環として裁判員制度がスタートしました。このような中で、「行政手続きのプロ」・「身近な町の法律家」として行政書士の果たす役割はますます重要性を増していると感じています。
 行政書士会四日市市支部には、現在約130名弱の会員が在籍し、日々市民の皆様の依頼に応えようと業務を行っています。
 支部で取り組んだ昨年の無料相談会(三会場・三日間)では合計87件もの相談が寄せられ、市民の皆様の不安の解消に少しでもお役に立てたかと自負しております。更に、各会員は市民の皆様からの依頼に日々応えております。
 
 行政書士は以下の業務が法律上認められています。
(1) 行政書士は、官公署に提出する書類(電磁的記録)を作成すること及びその代理を行います。
(2) 行政書士は、権利義務または事実証明に関する書類(実施調査に基づく図面類を含む)を作成すること及びその代理を行います。
(3) 以上の書類作成について相談に応じます。
 ※ ただし、他の法律で制限されているものについては、業務を行うことはできません。
 
 官公署に提出する書類は約1万種もあると言われ、また権利義務または事実証明に関する書類も無数にあります。現代社会は、書類社会・契約社会であり、行政書士の行う業務は幅が広いといわれるゆえんです。
 行政書士は、現在「隣接法律専門職種」の一つと位置付けられ(平成13年6月司法制度改革審議会最終意見書)、以前の「代書業」とは異なり、日常の法規相談などの法務サービスまで視野に入れた、いわゆる「まちの法律家」と評価されてきています。 
 
 市民の皆様、お困りごとがありましたら、まずは行政書士に相談してみませんか。行政書士は皆様のきっとお役に立てることでしょう。

■支部会員の皆様
1 支部体制は以下のとおりです。
(1) 役職
支部長   橋本俊雄  
副支部長 平田一、杉村伸哉 
会 計   岡嵜佳男
監 事   田中幹子、加藤直親
執行委員 宇佐美幸義、木山政夫、伊藤聡史、渡邊裕二

(2) ワーキンググループ

総務企画WG 業務研修WG 福利厚生WG 監察綱紀WG
R   杉村伸哉 R  伊藤聡史  R   平田 一  R  人見克弘 
SR  橋本俊雄 SR  木山政夫 SR  渡邊裕二    
SR  宇佐美幸義 SR  加藤直親
SR  渡邊裕二


2 平成21年度の支部活動の柱を紹介します。
(1) 秋の無料相談会を以下の日程で行います。
・ 10月 4日(日) 10:00〜16:00 近鉄四日市店シャンデリア広場
・ 10月10日(土) 10:00〜16:00 イオン四日市尾平店1階コムサイズム横
・ 10月18日(日) 10:00〜16:00 イオン四日市北ショッピングセンター2階55カフェ前 
(2) 四日市市役所市民相談を毎月第1及び第3火曜日の13:00〜16:00行っています。 
(3) 支部研修会を平成21年度は3回予定しています。
(4) 北勢4支部合同の秋の親睦旅行を予定してます。
(5) その他
 以上の支部活動を行うためには、支部会員の皆様のお力が必要です。ご理解とご協力よろしくお願いします。

平成21年(2009年)7月7日

 三重県行政書士会四日市支部 支部長 橋本俊雄


過去の支部長挨拶・支部紹介


2007年度

【市民の皆様】

 三重県行政書士会四日市支部長、宇佐美 幸義です。ご挨拶を申し上げます。
市民の皆様には日頃より行政書士へのご理解を賜りありがとうございます。行政書士四日市支部会員は市民の皆様のお役に立つべく日夜努力をして参りました。お陰をもちまして徐々にではありますが、市民の皆様のご理解を戴き、業務の展開を図っております。
 
 とは言いますものの、まだまだ行政書士が何を行えるかをご存知ない方も多いと思います。ここで一度行政書士って何ですか?の疑問にお答えし、概略をご説明します。
 行政書士は「街の法律家」と呼ばれ、市民の身近な法律関係の要望にお答えしています。しかしながら「街の法律家」と申しましてもそこには一定のルールがあり、他の法律で規制されている法律関係の業務は行うことはできません。
 
具体的なイメージとして(例えばの話として)
もし皆様が体調の不良や定期的な体調管理を受診されるとき、はじめから大学の総合病院に掛かる人は少ないと思います。ひとまずお近くの診療所または病院にお願いするのではないでしょうか。その受診において、大きな疾患が見つかり、総合病院での処置が必要になった場合に、そちらをご紹介頂くというのが一般の方法ではないかと思います。

われわれ行政書士もこれに近い感覚で業務を行っています。市民の皆様からご相談があれば、われわれ行政書士がお受けし、われわれの業務範囲外であれば他の機関をご紹介したり、他の機関と連携し、問題の解決を図ってまいります。われわれ行政書士の取り扱う業務範囲は驚くほど幅広く、きっと皆様の疑問や要望にお答えできるものと確信しております。

 以上の説明のように、われわれ行政書士は皆様のお近くに事務所を設けており、思い立ったらどんな事でも結構ですので是非お訪ね下さい。お待ちしております。

【支部会員の皆様】

一言ご挨拶を申し上げます。
去る4月20日に開催された三重県行政書士会四日市支部定時総会において、新しく四日市支部長として就任しました宇佐美 幸義です。入会3年目の未熟な私がこのような大役を任され、会員の皆様にご迷惑が掛かるのでは無いかと危惧しておりますが、人見前支部長の強力なサポート、前支部役員のベテランの皆様及び新役員として新たに選任された方々のご協力を戴き乗り切って行く所存です。
 
本年度は、前年度の支部役員の皆様が練成して戴いた諸計画や諸事業を実行に移す年となりました。特に下記の項目に重点を置いて活動を展開したいと考えています。

1. 行政書士の地位向上
 (1)行政機関との連携による市民への相談業務の拡充
 (2)四日市社協との連携による福祉関係の市民サービスへの展開
 (3)10月度の無料相談会3箇所開催による相談件数のUP
 (4)行政書士業務案内パンフレットの関係機関への常置

2. 四日市支部会員の研修及び親睦
 (1)研修会の開催を2回予定し、会員のスキルアップを行う。
 (2)親睦旅行をはじめ懇親会を計画し、会員相互の交流を実施する。

3. 支部会員への情報伝達
 (1)当H・Pを利用し、支部活動の状況を会員に伝達する。

4. 北勢4支部会員との連携強化
 (1)当支部開催の研修会への参加要請
 (2)他支部開催の研修会への積極参加
 (3)当支部活動への理解・周知
 (4)親睦旅行への参加要請

 上記の項目に重点を置いて活動を行って参りますが、これらの活動に於いて、中心となるのは、皆様方支部会員のお1人お1人です。例えば、行政機関との連携による市民相談の窓口も、その対応に当たるのは会員の皆様方と考えております。
具体的な行動事項が決定しましたら、皆様にお諮りし、ご協力を仰ぐ所存でいます。このような考えで本年度の支部活動はは展開を行いますので、会員皆様方のご協力・ご理解の程、宜しくお願いします。

【支部紹介】

 ご挨拶でも申し上げましたように、今年度から支部役員も大幅に変更となりました。新執行部に付きましては、5月12日配布の書類にてご周知戴いているとおりでございます。
 
今年度の支部活動の組織も前年度に引き続き、4つのWG制を採用し、個々のWGにはリーダー及び複数のサブリーダーを配置し、目標項目の達成に邁進しております。
 
WGをご紹介致します。
・総務企画(広報)WG: R橋本俊雄 SR森井敏浩 SR木山政夫 SR若林三知
・業務研修WG:  R川邑昌史 SR田中幹子 SR伊藤聡史
・広報厚生WG: R平田 一 SR杉村伸哉 SR若林三知
・監察綱紀WG:  R宇佐美幸義 SR人見克弘

 現在、当四日市支部会員数は126名と若干ではありますが、会員数が減少しております。ここ数年来、行政書士試験の難化傾向が定着し、合格者の人数も少なく、新規の登録者が増加しない原因にもなっています。また昨今、団塊の世代大量離職に伴う新規登録者も、就労意欲の高まり、雇用延長の法制化にしたがい、なかなか増加していないのが現状です。
 しかしながら、この超難関の試験を突破され、新規に登録された先生方は意欲も人一倍高く、法律関係にも精通され、将来の行政書士会を担ってくれる方々ばかりではないかと思います。
 時のながれ、時代の移り変わりは様々な色合いを我々に見せますが、新しい芽の排出と行政書士業務の大きな変革に移りつつある予感がしているのは会員皆様も同様ではないかと思います。
 どのような変化が訪れようと、われわれ四日市支部会員は会員相互の連携を大切にし、品位のある法律家として認知される日がくることを願って、支部のご紹介を終わります。
               
                                                            支部長 宇佐美 幸義

2006年度

 皆様こんにちは。三重県行政書士会四日市支部の支部長の人見です。皆様にはいよいよご健勝にていらせられ何よりとお喜び申し上げます。平素は支部事業に対し暖かいご理解とご支援を賜り、改めて厚く御礼申し上げます。

 さてこの度、本年度の総会においてご承認頂きました事業のひとつ「三重県行政書士会四日市支部のH・P(ホームページ)開設」のご報告を申し上げたいと思います。
同時にこの事業に賛同しご協賛いただいた北勢三支部会員(桑名支部・鈴鹿支部・亀山支部)の皆様にも厚く御礼申し上げます。お陰様で形式的には一挙に三重県北勢四支部(会員数273名)を網羅したH・Pとなり、すでに開設されている三重県行政書士会本会及び津・伊勢各支部先輩のお仲間入りをさせていただくことになりました。

 さて、このH・P開設に当たっては副支部長であり、総務・企画WG(ワーキング・グループ:役割分担)リーダーであり、H・P開設チームの主催者である橋本俊雄先生のご尽力無くしてはあり得なかった事を冒頭に申し上げたいと思います。
本年度は例年以上の支部事業を計画した関係上、予算及び人材面に於いても、H・P開設は夢であり到底不可能だと考えていました。
 約半年前、支部三役で18年度の事業計画の打合せの折、橋本先生に「いつか四日市支部もH・Pが作れるようにしたいですね。」と軽い気持ちでお話したのがその契機でした。
 瓢箪から駒「私でよければやりましょうか。あまりお金もかかりませんよ。」と言っていただき、お忙しい業務の傍ら、運営面の検討、H・P開設チームの結成、H・P要綱等内容の検討、原稿募集、編集と労を惜しまぬご尽力によりこの度の開設を迎えることになりました。茲に橋本先生初めチームの皆様に改めて感謝と御礼を申し上げたいと思います。 

 H・P開設の目的は「市民及び会員に対する情報発信及び会員相互の情報交換と交流の場」とすることにあります。市民の皆様には身近な街の法律家としての行政書士を幅広くご認知いただき、行政書士を活用いただくツールとしてご利用いただき、会員の皆様にはこのH・Pで文書中心のご案内・ご連絡から、よりタイムリーに活きた関連情報を発信させていただく事ができるようになるだろうと思います。ご多忙で総会等支部事業にご参加いただけない会員の皆様にも、同様のサービスを提供できるものと考えます。又このH・Pを通じた会員間の業務経験等の情報交換により、交流の輪を更に拡大する事も期待できると思います。

 今後、規制緩和の大きな時代の流れの中で、私たちのこの行政書士制度を如何に存続・発展させていくのかは、会長が三重会タイムス(7月31日発行)の中の会長短信として明確に指針を述べられております。支部現場に於いてはこのような指針に基づく施策を、支部の具体的事業として効果あらしめるよう努力する必要があるかと思います。
 
 この度のH・P開設もこの具体的事業のひとつであります。しかし魅力あるH・Pを維持する為に市民の皆様には、「身近な頼れる街の法律家」として「困ったときはとりあえず行政書士に!」を合言葉に、ニーズに対応した情報提供に努める必要があるかと思います。
 又H・P不具合への対処・運営費の確保・人材の確保・掲載記事及び写真の確保・継続的サイト更新等々解決すべき問題の流出が予想されます。誕生したこのH・Pの前途は決して穏やかなものではないと思います。このH・Pを成長・充実させていく為には、市民の皆様初め本会及び支部会員の皆様、ご協賛頂いた北勢三支部会員の皆様の限りなきご支援が不可欠であります。皆々様の暖かいご指導・ご鞭撻を偏にお願いし「三重県行政書士会四日市支部H・P開設」のご挨拶とさせていただきます。 
                                
平成18年9月 三重県行政書士会四日市支部 支部長 人見 克弘


【支部紹介】

 今年で支部役員に就任して既に6年目(入会9年目)になりますが、改めて支部をご紹介するとなると、どの様な皆様を対象にするのか考え込んでしまいました。
今回は地域住民(市民)の皆様に支部活動をご紹介する事も考え、支部にご入会されているものの、ご多忙の為総会又は支部事業にあまりご参加いただけない会員の皆様を対象に、少し詳しくオーソドックスにご紹介したいと思います。

 (市民の皆様には「困ったときはとりあえず行政書士に!!」をキャッチフレーズに)
 ご存知のように私たち行政書士の業務範囲は広く、市民の皆様の為に様々な法的サービスを提供しています。支部では三重県行政書士会の掲げる「困ったときはとりあえず行政書士に!!」をキャッチフレーズに兼業の司法書士、税理士、土地家屋調査士、社会保険労務士等々の資格を持つ会員の皆様とも密接に連携しながら、日常業務を通じ又市民の皆様の「お困りの問題」解決のためのご相談等の窓口として対応させていただくことにより、社会に貢献する行政書士としての地位向上を図りたいと考えています。
 私たち行政書士が提供する法的サービスには遺言・相続・契約書・示談書・内容証明・クーリングオフ・各種許認可申請・会社設立・定款変更・会計帳簿の記帳・国際業務・その他等があります。私たちはこれ等の相談に応じ業務に携わる国家資格者です。そして皆様方からのご相談内容等は法的な守秘義務があり、守られる事になっていますので安心してご相談いただけることになっております。
 市民の皆様に対するH・P(ホームページ)情報の主なものは、私たち行政書士を知っていただく為の具体的活動状況、会員名簿の公表及び無料相談会の開催のご案内(本年は10月2回、11月1回、毎月第2木曜日開催)等です。
 今後は皆様の更なる利便性を考慮して、官公署に会員名簿を記載したパンフを常置したり、常設の相談所を設置できる様努力したいと考えています。

(支部会員の動向)
 四日市支部管内は四日市市、菰野町、川越町、朝日町の地域で県下の会員数704名の内当四日市支部は131名の方が会員登録されています。支部としては津支部135名に次ぐ会員数です。(以上、数字は平成18年7月1日現在)
 支部会員の内、行政書士専業の方は約半数位で、後の半数の方は他の資格を持つ兼業の方だと思います。昨年度の行政書士試験が難関だったせいか、支部入会者が増加しないのが気懸かりな現況です。

(支部総会等会議)
 支部では通常年1回の定例総会及び8〜9回の役員会、三役会2〜3回、会計監査1回、必要に応じて随時開催されるWG会議、北勢四支部長会が開催されています。

(支部役員会及び役員)
 支部では本会の基本的方針施策を踏まえ、本会事業を補完する立場から各種事業を実施しています。具体的に支部各事業を実施する役員会は支部長、副支部長、会計の支部三役及び会計監事2名とその他の執行役員6名、総員11名で支部の運営に当たっております。尚、11名の役員の中から4名が本会の理事として選出され、総務部・研修部・広報監察部いずれかに所属し活動しています。

□平成18年度四日市支部役員の役職及び氏名
  支部長(議長) ・・・   人見 克弘(本会理事)  
  副支部長(書記) ・・・ 橋本 俊雄  
  会  計       ・・・ 若林 三知(本会理事)
  会計監事      ・・・  森井 敏浩、田中 幹子
  執行委員      ・・・  土田  勤(本会理事)、天春 隆子(本会理事)、平田  一、鈴木 尚文、川邑 昌史、宇佐美 幸義

(支部事業を実施する4つのWG)
 そして11名其々が年間事業を実施する為の4つのWG(ワーキンググループ)に属しています。
4つのWGは@総務企画(広報)A業務研修B広報厚生C監察綱紀です。

各WG上記の具体的事業は
@ 年3回の強調月間の無料相談会及び毎月1回の本会連動の無料相談会の実施及び支部
H・P(ホームページ)の開設及び維持、分会活動の実施、
A年2回の業務研修会の実施・会員交流会及び会員懇親会の実施、
B親睦旅行(1泊2日)の実施、
C非行政書士の調査・監察活動の実施です。

(WGリーダー及びサブリーダーの役割)
 WGは人事・会議も含めリーダー主導で、これを補佐する2〜3名のサブリーダーが中心となり構成されています。複数のWGに所属されているサブリーダーの方もおります。その下に全役員が所属します。担当事業の計画はでき得る限り早い時期に立案し、事前に全役員に配布の上役員会に上程し詳細につき検討しています。その後事業の具体的実施案検討、事業実施、総括を行い次回の事業に反映させるようにしています。
 尚、これらの事業計画案及びその他の作成書類・各種会議の議事録は作成後直ちに、責任者から全役員にメールで添付され必要情報共有に努めています。因みに本年度4月から支部長より役員の皆様へのメールは議事録等書類送付・本会関係会議報告・支部報告事項・支部長所感等も含め回数は軽く100回を超えると思います。(民間企業勤務時に組織での報告、連絡、相談いわゆる報連相運動で鍛えられた為です。)

WGメンバ−表(R:リーダー、 SRサブリーダー)

総務企画(広報)WG 業務研修WG 広報厚生WG 監察綱紀WG
R   橋本俊雄 R  川邑昌史  R   平田 一  R  人見克弘 
SR  森井敏浩 SR  田中幹子 SR  鈴木尚文    土田 勤
SR  宇佐美幸義 SR  天春隆子 SR  天春隆子
SR  若林三知

(支部活動及び事業実施の基本方針)
 支部活動は次の基本方針のもとに、会員の皆様の生活と権益を守り社会的地位の向上を図る為の事業を実施しています。そしてこれらの事業の実施を通して本会の活性化にも寄与したいと念願としています。
(1)会員の皆様の視点に立ち費用対効果を考え実施する。
(2)役員間の意思疎通を図り全員が必要情報を共有する。
(3)事業は数値を含めた明確な目標を掲げ実施し、結果を検証、次回に反映させる。
(4)支部規約第2条の目的たる親睦を深め、楽しく元気と創造性を発信できる支部とする。

(北勢四支部会員の皆様との親睦・連携・協力関係の促進)
 四日市支部は従来から桑名支部・鈴鹿支部・亀山支部会員の皆様との親睦・連携・協力関係を大切にしてきました。各支部の総会に支部長がお互いに出席させていただくのもその表れです。本年度は既に北勢支部長会を2回開催(内1回は副支部長同席)し事業につき綿密な打合せを行っています。今後は尚一層この関係を促進し、他の役員も交えた打合せ会等の開催により、北勢四支部会員の皆様のニーズをより事業に反映させていきたいと思います。

(支部の財産は人材)
 支部の何よりの財産と自慢は各々の役員の皆様です。そしてそのチームワークとフットワークの良さ、アットホームな中にも事前に問題点を把握し臨まれる役員会の充実した議論です。お許しがあれば素晴らしい能力と個性溢れる役員の皆様、おひとりずつを是非ご紹介させていただきたいと考えています。

(会員の皆様へ:ご一緒に考え行動しませんか)
 行政書士として生活を維持・向上するための営業努力、業務遂行、能力担保の為の自己研鑽に要する時間は大きいと思います。そしてこれが一番重要であり基本である事は言を俟ちません。しかし時には行政書士制度を真剣に考え、このような組織の価値と云うものにも思いを馳せ行動する時間をお造り頂けませんか。
私自身は当初総会にも出席しない会員でした。入会当時、果たして自分も含め何人の方が生き残っていけるのだろうかと考えました。意欲ある新規会員の皆様の経営の基盤を確立させ育成する観点から、行政書士会として法的に保障された業務受託が何故できないのか、何度先輩会員にお聞きしても納得できませんでした。それ以降ずっと業務受託の重要性を周りの方々にお話していました。この問題は最近になり会長の日行連での目覚しいご活動により法的根拠が確立され、実現されようとしていることは誠に心強く喜ばしい限りで画期的だと思います。 
 私は本年度の基本的な支部事業計画(含む分会活動)の骨子を、このような自分自身のこれ迄の想いを込め作成しました。直には実現できない「夢」「想い」も凝縮しました。

(総会事項書、送付済18年度スケジュルール表参照方)
 最後に皆様方の中には、支部の役員以上に行政書士の地位向上の為の方策と情熱をお持ちの方も多いと思います。そのような皆様に是非支部役員としてご活躍いただきたいと考えています。
 少し堅い話になりましたが、実は役員会は皆が大きな声でワイワイガヤガヤ。雰囲気は善男善女が集う明るく楽しいものであり、私自身のオアシスで元気の源、ほっとできる癒しの場所でもあります。今、自分の行政書士制度に対する「夢」「想い」を皆様のお力をお借りして実現している喜びを感じています。そしてこの事は、気持ちは若く情熱も熱い(自惚れ)が、先が見えた私の人生の想い出造りエポックとなりそうです。今では何時もお顔が浮かぶ役員の皆様との出会いとご縁に感謝しています。自薦他薦・業務経験の長短・老若男女を問いません。貴方のお力をお貸しください。

(最後にもう一度;市民の皆様へ)
 市民の皆様からは「行政書士って何ができるの?」、「行政書士は知らないけど司法書士なら知っているよ。どう違うの?」「「官公署への許認可申請って何なの」「ほんとうに国家資格者なの?」等私たちにとっては淋しいお言葉をしばしばお聞きします。
 これは私たちの行政書士法が制度され既に55年を経過しているのも拘らず、皆様にまだまだ認知されていない事を意味します。
 そしてこれは私たちの皆様に対する情報提供・社会的活動のあり方が問われているのだと考えます。私たちはこのH・P開設を奇貨とし、皆様への情報提供・社会的活動のあり方を見直したいと思います。皆様のニーズに的確に対応できる能力担保の為の自己研鑽はもとより、司法書士・税理士・土地家屋調査士・社会保険労務士等他士業の皆様とのきめ細かいネットワークを構築し、「あらゆる困った問題解決」の窓口となれるよう努力したいと思います。「身近な街の法律家」として文字どおり「困ったときはとりあえず行政書士に!」とすぐ思い出して頂き、お声をおかけ頂けるよう努力する事をお誓いしたいと思います。 
 最後に市民の皆様にとっても、身近なお役に立つH・P(ホームページ)を目指したいと思います。暖かいご支援を偏にお願い申し上げます。
 
平成18年9月 三重県行政書士会四日市支部 支部長 人見 克弘


copyright(C)since2006 miekengyoseishoshikai yokkaichishibu all rights reserved